ホーム > > > BOOKレビュー

投資情報を格付け「セミナーや有料サイトを本物の投資家が鑑定」-情報投資ドットコム
株式投資情報のレビュー 先物投資情報のレビュー 通貨投資情報のレビュー 不動産投資情報のレビュー 経済投資情報のレビュー 投資レポート
 

投資本情報のレビュー

 お知らせ


このコーナーは各投資家の書斎にお邪魔してを推薦するに値する本を紹介しています








バリュー投資家 木下氏推薦書籍







投資


以下バリュー投資の入門教材として最適です。

読みやすい上に天才の思考が貴方の頭脳にインスパイアされます。




ピーター・リンチのすばらしき株式投資

入門の入門はまずこれから、相場の天才が書いた本は分かりやすい




ピーター・リンチの株式投資の法則
全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学

私の幸運なる投資パフォーマンスはピーター・リンチなくしてありえなかったと思う



ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け

上記と同じく、非常に良書で面白い



ウォーレン・バフェット 自分を信じるものが勝つ!
世界最高の投資家の原則 スピークス・シリーズ

トイレにおいて少しづつ読むのに最高


天才少年投資家マット・セト108の法則―ウォール街を興奮させた株の新定石

これも分かりやすく面白く為になるバリュー投資初心者の為の本





フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために

投資参謀マンガー ― 世界一の投資家バフェットを陰で支えた男 ウィザードブックシリーズ
評判は宜しくないが個人的に良書と思う。
ひょっとしたらバフェットよりもチャーリー・マンガーのほうが天才なのかもしれない。どちらも天才なのには違いないが。

バフェットからの手紙

株で富を築くバフェットの法則―全米NO.1資産家の投資戦略
5回は読んだと思う本

株でゼロから30億円稼いだ私の投資法
和製バリュー投資家は昔から存在した

新ファンド・マネジャー―相場を動かす8人の男たち



相場師一代 是川銀蔵
スリリングで実に非常に面白い。物語として最高



マーケットの魔術師(白)
マーケットの魔術師(青)
マーケットの魔術師(ピンク

バブルの歴史―チューリップ恐慌からインターネット投機へ
類書でもかまわないが、バブルの歴史を一度は学んでおくべきかと

ウォール街のランダム・ウォーク
株式投資の不滅の真理

トゥモローズゴールド 世界的大変革期のゴールドラッシュを求めて ウィザードブック
これまた非常に面白い、ジムロジャーズ系

兜町戦史―戦後50年投資家はいかに闘かったか
日本株の歴史を学ぶならこの本でしょう、戦後いかに尋常でないほどの割安株をみてびっくりしました。ROE100%超えの松下電器が利回り49%とかわけわからん世界


ジムロジャーズ世界大発見 (黄色いベンツ版)
この本の面白さは、相場になれてきてこそ分かるように思う。だから本来の面白さは5点満点、旅好きなら両方読もう


ジムロジャーズ世界を行く (バイク編)
非常に面白い、古い本だから読み直しても得る所が大きい。上記と同じで本来5点満点


金持ち父さん貧乏父さん
非常に面白い


金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント
面白い、面白い、面白い



イヌが教えるお金持ちになるための知恵
将来、子供に読ませたい


経営などビジネス書

人生を変える80対20の法則
バリュー投資やバリュー消費と同じく単純だがIQに関わらず理解できない人には理解できない不思議な本。
たしかに人生への影響は大きい

人生を変える成功へのパワールール
上記の著者の続編

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
チャーリーマンガーが言っていたが、今求められているのは異分野との知識の融合だそうな、まさしくこれがその本。経営学と物理学が結びついた革新的で単純な本

競争の戦略
この本をあえて買う必要はないが、競争の戦略を要約した本なりウェブサイトに目を通したほうがいい。資本主義社会で生きていくのに必須の情報


ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる
これからの未来、一つの視点を与えてくれる

プロフェッショナルの条件
マネジメントを発明した稀有な人物。まずは読んでおきましょう。ドラッカーは思想哲学的な雰囲気があるから、読んでもすぐには効果を発揮しない、スルメ系良書


フォーカス―市場支配の絶対条件
非常に影響を受けた本


「空気」の研究
扇央ハウツー本ですね、騙されない為にも

帝王学―「貞観政要」の読み方
中国の古典、元々名著なのだろうが書き手が山本七平氏なのでより名著に仕上がっている

「孫子」の読み方
ご存知孫子を山本七平氏が解説。名著

図解 不敗の兵法―「負けない」ことは誰にでもできる!

新訳 君主論
経営者、投資家を志すならば一度は目にしたほうがいい世の中の現実


読書について
アマゾンのレビューを見るだけで十分に勉強になる

宮崎学の兵法
組織は利用する為にある、生き残る為に組織の暗部に通じよとの人生訓に衝撃を受けた


クリティカルシンキング 入門編

クリティカルシンキング 実践篇

石油を読む
昨今の石油事情がよく分かる。良書



自己啓発系

7つの習慣―成功には原則があった!

道は開ける
物事が最悪に起こった時を想像してみるという考え方が本質的リスクという概念に辿りつくヒントになった。


その他


美女の歴史―美容術と化粧術の5000年史 「知の再発見」
化粧というのが社会的に認められていない時代があるというに驚かされた、過去を見て現代を再発見できるのではないか

★★★★★


★★★★★

細かい点でえこひいきしているとか、誤りがあると指摘されるローマ人物語だが、人生はなにも常に正確性を求める必要はない。誤りがあっても概ね正しければ得るものは大きいのだ。



バリュー投資家 しん氏推奨書籍


投資

バフェットからの手紙
バフェットからの手紙というのはバークシャーの年次報告書から抜粋したものだからバフェットの哲学や一番直でダイレクトで伝わってくるんですよね、これを読まずして彼を語るなかれですね

最高経営責任者バフェット
バフェットが購入した企業の傘下の経営者の事がかかれているんですね、この本でわかるのはバフェットがどういった企業とどういった経営者を選んでいるかっていうこの本を読んでいるとわかるんですね、日本でバフェット企業を見つけようとする参考になるはずです。投資のヒントになります

証券分析
この本の一番いいのは、読んでいて眠くなる事ですね。枕にしても丁度いい厚さだし本当に不思議な本です。バリュー投資の古典で原点ですしここから得る所は非情に多かったですね、これは本当に重要な本ですね

バリュー投資入門―バフェットを超える割安株選びの極意
バリュー投資入門って言葉に騙されてはいけないですね、MBAで教えている事をまとめてあることだから内容は難しいんですがバリュー投資家を目指すなら読むべきですね。面白いのは後半のほうが現在活躍する有名なバリュー投資家が実際にどのように投資したかがわかるってのが面白いんですけどね、この本だけで何千万円か儲けたって感じですからね

超特価バリュー株「福袋銘柄」で儲ける週末投資術―たった週1時間の分析で年利15%を目指す!
これはやっぱりね、日本人がバリュー銘柄で儲ける手法を書いた本で非情に優れたものです、僕も本を書いていますが全然及ばない所です、この中で銘柄を取り上げているんですが含み資産株なんかをとりあげているんですが実際にこの時紹介された銘柄を買っていたら相当儲かっているんです、また次の本を書かれているんですが出たらまたすぐに研究されると宜しいのではないのでしょうか、データもまとめて本当にいい本ですね、含み銘柄なんか3倍になってるんじゃないかな



家賃収入が月収を超える! 不動産利回り20%超大作戦
素人の不動産投資家が不動産投資を稼いでいったという
非情に株式投資と不動産は共通する点が多く読まれるといいと思います


20代・自己資金300万円サラリーマン大家さん成功の法則―パソコン1台あればあなたも「お金のなる木」を手にできる!
これはねクラビスの社員として有名な束田さんが書いた本で、すごいわかりやすい本でこれを読むと自分でも不動産をやってみたくなる本ですね。この人本当に誠実な人ですよ


ビジネスは人なり投資は価値なり
ウォーレンバフェットの自伝的な本で、バフェットに関して最初にこの本を読んだんですがバフェットがどういった感じで人生を生きてるか本当によくわかったし、バリュー投資を開始する前に繰り返し読んだ本ですね


マーケットの魔術師(株式編)
トレーダーの為の本としてのイメージがあるんですが意外にバリュー投資家っぽい人が多いんです
この本の特徴として非常に高いパフォーマンスをあげている人が多い、株式市場で勝ってる人ってのは勝つ確率の蓋然性が高い事を理解して実行しているという事ですね
逆に言えば数学的に優れた人が多いという印象が多いんですが


ジムロジャーズの世界を行く
世界の情勢を知るには非常にいい本になってると思います
ジムロジャーズの考え方やちょっと古くなってるんですが当時の世界が一流の投資家からみた世界がどうなっているかってのがよくわかるってことですね


マネーマスターズ列伝
私のホームページのタイトルになっているほど外せない一冊ですね、僕の原点といっていいほど
まさにこれこそ外せない一冊でしょうね、絶版された初版本は役が違って中身が大分違うので入手できるなら読むべきですね



マネー

金持ち父さん貧乏父さん
誰もが知っているこの本ですが、投資の基本的なところをよく分かりやすく教えているしキャッシュフローの重要さがわかりますね
僕自身この本の中でバフェットを知るきっかけになったので本当に感謝してますね

数学力、これだけできれば人生リッチ!
これはねよく読んだほうがいいですね。かなりの上級者でもよく読んだほうがいいですね、これ計算がかなりややこしくずーっと読むと辛いんだけど。この本の価値は正直現時点で何千万円か得してますね、なんで得したかというと家のローンを株を売って、ノーローンで改装を即金で払うかローンを組んだほうが得か判断する基準になったんですね

バビロンの大富豪
1900年代の初めから出ていた本ですから超ロングセラーで良書です
これを読んで大富豪になったという人が多いという話です
金持ち父さんの師匠である金持ちの父さんもこの本を読んで影響を受けたのですし、金持ちになりたい人はぜひ読むといいです。一番大事なのが自分の稼ぎの範囲内で一定の貯蓄をしていくという事です、これができないと一歩も進めないからですね




経済

複合不況
一時期ベストセラーになったんじゃないですかね、日本のバブルの減少についてくわしくかいてあるんですが、当然アメリカにバブルにも詳しく研究されていて非常に価値がある。本がぼろぼろになるくらいよんでマクロ経済の知識がないと難しいところもあるんですけど、5回も6回も読んでようやく少し理解したという難しい本なんですが、非常に得るものが大きかったです
この本のおかげでマクロ知識のおかげで確信をもって安い時に投資をできたわけですし
大事なのは日本経済のおおまかな予想をするときこの本の与えてくれた知識は大きなものですね




司馬遼太郎
一つの教養として司馬遼さんはね、読んでおいたほうがいい、読むべきという感じくらいに思いますね

竜馬が行く

坂の上の雲

特におすすめなのは竜馬が行くとか幕末・明治維新のとき、明治時代での日本が世界の列強の中で転換点になったのが日露戦争ですね、日露戦争を書いた坂の上の雲ですね




個人的に好きなのが地震のあった新潟県の長岡って所でそこに昔長岡藩があって、そこに家老の河井継之助っていう人を描いた峠っていう本はいい本だと思いますね。結構経営者で峠が好きな人が多いですね

元々凄い小さな7万石っていう藩だったんですけど、河井継之助っていう人は西洋の言葉を勉強しなかったんですが他の人の話を聞いたり本を読んだりして、藩の経済は財政的に苦労したんですが立て直しお金のある藩に変えたんですがそういった制度を効率的に整備してあとやっぱり商人みたいに儲けられる人だったんですよ、通貨のアービトラージのような事をやっているんですよ。例えば新潟と蝦夷の通貨レートや金の交換比率の違いですね、これだけでも凄い

凄いのはそういうのを出来る彼が、元々家老になれないような家柄の出でそれでも自分の器を知っていて少なくとも家老くらいじゃないとあわないと。だから家老になれる準備をしておこうと、って自分の勉強をしたんですよ
家老になって後に戦が起こるんだけど、戦いだけでなくまず経済的な金がなければどうしようもない、現実をふまえ家老になったんだけど

当時の家老職はぬるぬるの世襲の世界で経済をなにも知らないような人がなっていて、少なくともその当時三井の番頭が務まるくらいじゃないとだめだと彼は思った。そこで当時の経済の一番重要な米相場や古着の相場をちゃんと知ってないといけない、そういった人間に自分を仕立てていったという事ですね
ちょっとね、この本はね本当に読んだ方がいいですね

藩が自立する上には経済があって軍隊が必要であって、ちゃんと整備された近代的な軍隊が必要と考えた。幕末だったけれどもヨーロッパにあるような軍隊、最新のライフル銃と当時世界的にも珍しい機関銃ですね、まだ例えば後の日露戦争でも機関銃を整備した軍隊ってのは少なかったけれどもその幕末の段階で整えているわけですよ。当時は賊軍というか幕府側についてしまって政府軍と戦ったんですが大苦戦をしたんですね、非情に善戦はしたんですが
本当はそんな事したくなかったんですよ、最悪の最悪の場合に幕府と戦わなければならないというシナリオを描いていて本当に戦う事になったんですがもうしょうがなくたたかわざる得ないようになってしまったと
長岡軍は本当に強かった、機関銃持ってますからね、何回政府軍を敗走させたかわからないです。政府軍は軍隊があったんですが当時長州藩が強かっただけですからね、圧倒的優位性があったわけです
装備でも一流で機関銃のほかにも最新のライフル銃や大砲も持っていたし、その規模軍隊としてはすごいきっちりしているという
そういった立志伝を通して人間とはなんぞやと考えさせられますね、人間とはどう生きるかをかんがえ日本人としての立場ではなく長岡藩の立場として考え生涯を生きたんだけど。当時の日本人としては信じられないくらい合理的な人ですよ






経営などビジネス書

私の履歴書
日経に自伝を連載したものですから日本の企業の原点がね、この本を読むと分かると思うし非常にいい資料になると思うし





マインド系

七つの習慣
人生において非常に重要になるものになるとおもいます、読むのは大変ですが繰り返し読んでいます
この本を読むといいのは自分の人生は自分でコントロールできるようになるということで、まあこの本の内容をまもらなきゃできないんですけどそれが重要なんじゃないでしょうか、単なる成功本じゃなくて深い所を紹介している非常に良書ですね




その他


農協 立花 隆 (著)
古い本ですが食糧事情がわかって面白いです



ローマ人の物語 塩野七生
このシリーズ非常にいいシリーズなんですが、ローマというのは西洋の歴史の源流をなすところですから、教養として西洋人と交際すればローマの知識がないとむこうの常識がわからないしょうし、歴史的な教訓として得る所も多いうえ、カエサルの魅力もうまく書いてあるので珠玉の一冊といって過言はないですね


バリュー投資家 新宮考一 (インターネットのハンドルネーム sinku

★★★★★
 マークは面白さの評価です
投資

賢明なる投資家
バリュー投資の古典です。

マネーマスター列伝
優秀な投資家の投資法に触れることができます。初心者の方も読みやすいです。

バフェットの銘柄選択術
バフェットの投資法がわかりやすく学べます

バフェットの法則
バフェットについて深く学ぶことができます。


バリュー投資入門
少し難しいですが、バリュー投資のパターンがよく理解でき
るようになります。


バフェットからの手紙
バフェット自らがその考え方をストレートに表現しています。


マーケットの魔術師(株式)
マネーマスター列伝と同じ種類の面白さがあります。

株で勝つ(ピーターリンチ)
ユーモラスな口調ですが、鋭い投資法が学べます。

経営などビジネス書など
戦略的思考の技術―ゲーム理論を実践する 中公新書 梶井 厚志 (著)
戦略的な発想方法が豊富な例で学べます。



競争の戦略 M.E. ポーター (著)
最も有名なビジネス書籍です。読む価値があります


ゲーム理論トレーニング
逢沢 明 (著)
ゲーム理論についてわかりやすく書いてあります。



「知」のソフトウェア 講談社現代新書
立花 隆 (著)
古い本ですが、知に関して知見を与えてくれます。



マンガ心理学入門―現代心理学の全体像が見える ブルーバックス
ナイジェル・C. ベンソン (著), Nigel C. Benson (原著), 清
水 佳苗 (翻訳), 大前 泰彦 (翻訳)
わかりやすく心理学が学べます。


3秒訳 六法全書
わかりやすい訳もついており、親しみやすく出来上がってます。


経済

ビジネス・エコノミクス
伊藤 元重 (著)
最新の経済学の分野がわかりやすく書いてあります。









著作権・免責事項について
著作権について

「情報投資ドットコム」に掲載されているコンテンツに関する著作権は、当サイト「情報投資ドットコム」に帰属します。著作権法の規定に基づく私的目的により利用する場合、「情報投資ドットコム」に事前に承諾を得た場合を除き、無断で転載、複製、改変、放送、公衆送信、販売、貸与などの利用をすることをお断りいたします。

免責事項
【ご注意!】 「情報投資ドットコム」は、当サイトで提供する情報(リンク先の情報等を含む)に関して、万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありませんユーザの方による当サイトのご利用にあたっては、ユーザ自身の判断によるものといたします

リンクについて
ファイルへの直接リンクでなければ、このページへリンクされてもかまいません
どのページでもご自由にリンクをお貼りくださいませ

当サイト「情報投資ドットコム」にリンクして頂くと自動的にプログラムがあなたのサイトを各種検索エンジンに登録しますので、アクセスが向上します
(ロボット巡回禁止タグをお貼りの場合はこの限りではありません)




情報に投資する情報投資ドットコム



ホーム > > > BOOKレビュー