ホーム > > > 先物レビュー > > > 現在のページ
投資情報を格付け「セミナーや有料サイトを本物の投資家が鑑定」-情報投資ドットコム
株式投資情報のレビュー 通貨投資情報のレビュー 不動産投資情報のレビュー 経済投資情報のレビュー 投資レポート
 

先物投資情報のレビュー





 

講師:青木俊郎 氏


対象:中級者〜上級者向け

情報内容日経先物セミナー(DVD)
価格25,200円
ファンダメンタル分析●●●●●
テクニカル分析●●●●
青木俊郎(あおき としお)先生
スタットアーブ代表取締役社長。
1988年山一証券入社。
理系の科学的分析能力に加え、リテール営業で養った投資家

心理の相場への影響力を考慮した独自の発想により売買システムを構築、また独自のリスク指標によるオリジナルのリスクマネージメント、 ポートフォリオシステムも開発。
そのシステムを利用し、93年から8年間、数百億円の資金を動かし債券先物・株価指数先物市場で運用し、年間数十%〜200%の運用パフォーマンスを上げる。

山一廃業後、某都銀系証券会社にて、数十社の機関投資家を相手に自身の開発したトレーディングシステムに基づいて日経225先物及び債券先物市場のストラテジー・アドバイスを行う。
2002年〜2003年、(株)グローバル・サイバー・インベストメントにおいてチーフ・マーケット・アナリスト兼取締役として日本株マーケットニュートラルプログラムや為替トレーディングプログラムを作成する。

現在はオーストラリアにて、日経225など世界中の先物を対象に、オリジナルの統 計的手法を駆使したヘッジファンド運用(スタティスティカル・アービトラージ)を 行っている。運用はデイトレなど、短期運用が主体。

■訳書

『投資の行動心理学』

講義内容 ●講座の内容

第一部 投資の行動心理学

1.相場はランダムウォークか?
2. 相場予測は当たるか?
3.誰もが知っているチャートは有効か?
4.投資家は買いから入る?
5.投資家は負けを認めたがらない?
6.トレードとは自分の心理との戦い
7.投資家の行動心理
8.なぜロスカットできないか
9.ロスカットの功罪
10.相場変動パターン
 

第二部 日経225先物システムトレード

1.マーケットの現状分析@
2.マーケットの現状分析A
3.リターン分析からみた相場の状況
4.シンプルなデイトレシステム
5.トレンドフォローシステムの構築
6.リターンの検証

第三部 Q&A

講座趣旨 ●講座趣旨

株式投資というと、例えば、ライブドア、ソニー、トヨタといったような、個別の企業へ投資するのが一般的です。
しかし、近年トレーダーの増加により、「日経225先物」といった商品に注目が集まりつつあります。

日経225先物というと、悪徳商品先物業者のイメージがあまりに先行するあまり、何の学習もしていない投資家も多いのが実情です。しかし、株式投資と、日経225先物も、「安く買って高く売る」または、「高く売って安く買い戻す」ことにより、収益があがるということでは、その仕組みに大きな差はありません。

レバレッジ取引という点で、「先物は危険だ!」という意見もありますが、「10倍レバレッジがかかるため、資金を10分の1にする。」といった厳格な資金管理を行なって望めば、それは株式投資と大差ないものになるといっても良いと言えます。
また、個別株でトレードするよりも、先物でトレードする方に合理性があることもまた事実といえるでしょう。

・大口投資家の動向により、相場を左右されるリスクが低い
・流動性が高い
・過去の相場データを入手しやすい→徹底的な検証が可能
・突発的なニュースや材料により、相場が急激に変化することがない
・多数の相場参加者によって価格が形成されているため、テクニカル分析が機能しやすい

今回は、日経225の先物を実際にトレードするヘッジファンドマネージャーをお迎えし、日経225先物で安定的な収益をあげるために必要な、

●投資の行動心理学
●システムトレード

について徹底的にご講義頂きます。

※システムトレードとは
・過去の相場データを徹底的に検証し、有効な買い時・売り時をルール化する
・その後、有効性が認められたシグナルに従って機械的に売買する

またセミナーの中では、実際に簡単なデイトレ用の売買ルールをご紹介頂く予定となっております。

現役のヘッジファンドマネージャーから学ぶ、

●相場に臨む上で非常に大切な“投資の行動心理学”
●システムトレードの実践方法と、その背景にある理論

は、私たちにとって計り知れないほど強力な武器となることでしょう。
あなたも、プロのシステムトレードを体得し、日々収益を積み重ねてみませんか?

◆この講座であなたが手に入れられる知識の一部を挙げると・・・
・プロのヘッジファンドマネージャーは、相場において何を重要視しているのか?
・過去日経225先物はどのように推移してきたのか?
・日経225先物で収益をあげるために、どのようなシステムが有効だと考えられるのか?
・トレードシステム(売買ルール)を作成するための作業ステップ
・デイトレードで使える簡単な売買ルールとは?

◆以下のような方に当セミナーをオススメします。

・運や勘に頼りきった売買に、強い限界を感じている
・一般的な短期売買で収益をあげることができない
・トレーディングで生計を立てていきたい
・デイトレードを見よう見まねで始めたものの、全く上手くいかない
・一般的なテクニカル分析によるトレーディングが上手くいかない。
・現役のヘッジファンド運用者から、収益が期待できるトレーディング手法を盗みたい






投資の専門家 「木下洋介」 おすすめ度
★★★★


「自分の無知を知る事が大切である」


無知の知。講義の聴いていて、数学を駆使した常勝ギャンブラーをイメージしてしまった。少し学術的な小難しさを感じる。理数系の人達には分かりやすい説明かもしれない。

本題は勝つ為のバイアスなど人間の特性(行動心理)を徹底して利用して、その特性に裁定取引を仕掛けるという事だ。アノマリーの特性を徹底して利用するというのも裁定取引の一種だろう。

問題点は変化するアノマリーを、いち早く見つける事が難しくひどく面倒な事である。

言っている事は物凄く納得するし、まったくその通りだと思うが講師の話しを聞いていると相場で勝つには物凄く難しいものと思わされる。うまくいえないがそこに違和感を感じてしまう。



OL投資家 「うさ子 おすすめ度
★★★★★


「行動心理学おもしろい」

日経225先物システムトレードセミナーと題がついているのでテクニカルの話ばかりをするのかと思いきや、講師の訳著である『投資の行動心理学』からの抜粋の話から入っていった。

私が女だからなのか、行動心理学とかって大好きで、その行動心理学が相場に多大な影響を与え、さらには大きなお金を生み出すかも知れないと思うと・・・たまらない!

テクニカルってあんまり面白くないなって思ってたけど、行動心理学で分析しながら見ると全く違う物に見えてくる。









ホーム > > > 先物レビュー > > > 現在のページ