ホーム > > > 先物レビュー > > > 現在のページ
投資情報を格付け「セミナーや有料サイトを本物の投資家が鑑定」-情報投資ドットコム
株式投資情報のレビュー 通貨投資情報のレビュー 不動産投資情報のレビュー 経済投資情報のレビュー 投資レポート
 

先物投資情報のレビュー




講師:増田丞美 氏


対象:初心者向き〜中級者向き

価格3,990円
ファンダメンタル分析●●●●●
テクニカル分析●●●●●
情報内容 商品セミナー(DVD)


長年にわたってオプション売買を実践し、成果を収めてきた“オプション取引の第一人者”である増田丞美(ますだ・すけみ)氏を講師に迎え、オプションとは何かから始まり、利益を上げるための実戦的な取引戦略までを解説していただきます。




講師コメント

オプションは株式や先物とは違い、それ自体に優位性があります。その優位性を利用して、リスクを最小限におさえながら利益を狙うことができます。それには、理論ではなく、売買のやり方とゲームのルールを徹底的に知る必要があります。

オプション取引が、一般に難しいと思われているのは、その理論面の複雑さにあります。「金融工学。。」といった専門家を対象にした本は、その理論面は講釈してはいるものの、個人投資家が最も興味があるであろう、”オプションを使っていかに利益を上げるか” ということにふれていません。


その最大の理由の一つは、このような理論家は、自分でオプションを売買したことがない、と思われます。オプションは知的な人間をひきつける傾向にあります。相場の中で、最も理論的にみえ、高等数学(実際にはそれほど高度でなく、高校でならう数学で十分)を駆使した数式と相場の変化を数字で表すところに理由があるのかもしれません。数字や数学にアレルギーのある投資家は、当然ながら敬遠しがちです。 しかし!です。オプション売買の実戦家である人なら分かるはずです。それらは全てまやかしであると。オプションも所詮相場であり、基本は、株式売買や先物売買と同じで、単純なのです。オプションの理論自体は複雑でも、実戦で用いるためのオプションに関する知識はごく限られたものでいいのです。



講師/増田丞美

1985年米国コロンビア大学・大学院を卒業後、野村証券(東京・ロンドン)、米国投資銀行モルガンスタンレー(ロンドン)などを経て、現在、アストマックス(国内投資顧問)チーフアナリスト兼アストマックスUSA(米国投資顧問)エグゼクティブ・バイスプレジデントとして資産運用業務に従事。 「オプション倶楽部 アドバイザー」 としてブログ等にオプション取引戦略等を寄稿中。



プログラム

オプションの本質
ボラティリティとタイムディケイ
ボラティリティ
オプションとは何か、再び
オプション価格の決定要因
なぜオプションなのか?
オプション市場
オプション取引の基本
株価指数としての 日経225とは何か
最近の日経225の動きとその特徴
日経225オプション取引の例
買い戦略
売り戦略
カレンダー・スプレッド









投資の専門家 「木下洋介」 おすすめ度
★★★★★

「オプションの基礎が学べる」

中身とはなんの関係もないが、DVDの収録に混入しているマイクの高周波が気になって仕方がない。感想としては、勝つべく者は勝ち、負けるものは負けるべくして負ける世界だと言うことが、はっきり分かったという事である。

オプションの世界は投資オタクの為の世界である。
己が強者だと思う者は、参加するべきだと言う事である。
なんとなく参加しては必ず負ける分野だという事である。




つまり本質はオプションは裁定取引ができるという事だ。彼の言葉に訳すと、オプションは優位性を見出す金融商品であるという事だ。コールとプットのスプレット取りなんかもできるんじゃないかとDVDを見ていて考えさせれられた。あと現物をかませて、プットオプションを買うとか、テクニカルを併用してコールオプションを買うなどという戦略もありだろう。

狂った相場にエントリーする際に、オプションを買う行為はかなりリスクコントロールに優れるので優位性があるのかもしれない。








ホーム > > > 先物レビュー > > > 現在のページ