ホーム > > > とくしゅう > > > 木下洋介コラム > > >

「バフェットのコアな投資概念は意外と知られていない」

バフェットのコアな投資概念は意外と知られていない


バフェットの投資の手法のコアに迫る


ウォーレンバフェット。投資に関わる人ならほとんどの人が知っていると言っていいだろう。それがバリュー投資家ならなおさらだ。とてつもないパフォーマンスを達成した彼だが、本質的なコアの部分の投資概念は意外と知られていない。安全域を確保し価値より安い物を買うという手法はバフェットのコアの部分であるが、もう一点多くのバリュー投資家は見逃していると言ってよい。


嗅覚の鋭い人は気づいている事だろう。彼の要諦とは、期待値の大きいものに賭けつつ安全域の確保をし、なおかつキャッシュフローを最大限確保する事である。

顧客の資金の利回りの一部を得られるファンドの運営やバークシャーのような資金をたっぷり持った会社を買収し、そのお金でこれまた資金をたっぷり持った保険会社を買収し、その運用資金でキャッシュフローに満ち溢れた会社を買収していくという手段である。

マネーの連鎖を利用しているという事である。単に割安な株を購入しているだけではないのである。彼が本質的に凄い所は投資銘柄の選別にあるのではなく、無リスクでレバレッジを効かせるという錬金術を発明した所にある。

銘柄選定能力だけなら他にもっと凄い人達は沢山いるはずである。このレバレッジの連鎖と安全域を確保する保守的な投資手法のコンビネーションでとてつもない大富豪にのし上ったのである。

即ち、単に借金をガンガン増やしてリターンを追及する手法とは次元が違うのである。彼の行動を読み解いていくと、本質的リスクを徹底的に排除しようという姿勢がある。

信用取引を使わない、空売りを仕掛けない。この馬鹿のような単純な買い一本という戦略は恐ろしく考えに考え抜き、練りに練られた思考から導き出された究極の結論なのである。


ホーム > > > とくしゅう > > > 木下洋介コラム > > >

「バフェットのコアな投資概念は意外と知られていない」