ホーム > > > とくしゅう > > > 木下洋介コラム > > >「デジタル資産を守る」

デジタル資産を守る


バックアップの大切さを知っておこう


貴方のデータのバックアップは万全だろうか?

最近はオンライントレードが主流でデジタルデータばかりを扱う世の中になってしまった。株式の売買記録や証券会社の認証パスワードなどPCに保存しているのが一般的であろうと思われる。

そしてデジタルカメラやホームビデオで撮った大切な思い出はデータとしてパソコンに保存される、大切なあの人とのメールのやり取りのログやメールアドレス、膨大な時間をかけて作ったブラウザのブックマーク、お金は電子化される世の中だ

ご自分のPCのデータにはどれだけの資産価値があるのだろうか?

考えた事はあるだろうか?



お金では買えない価値である事は間違いないが、主観的な価値・客観的な価値から見ても数百万円〜数千万円の価値があるのではないだろうか?

今後パソコンがより身近になっていくに従い、さらにデジタルデータは重要になってくる。

人生の痕跡・一生物のデータだ



悲しい事にデジタルデータは壊れやすい。

ほとんどの人は少なくとも人生に一度自分のデータが消滅する経験を味わう事になるだろう。


大抵はそれからデジタルデータの保護・バックアップに目覚めるものであるが、そうなる前にぜひ対策をして欲しい。

ポートフォリオの株が一部暴落するどころの騒ぎではない!パニックと発狂である。男泣きも許される。

大抵はそういう時に放心状態になるのが相場だが・・・・





























































































































そうなる前にデータのバックアップと長期保存の準備をしよう。




まずパソコンのデータは、ハードディスクに保存される。

このハードディスクが曲者だ、数年に一度の割合で壊れるという素敵な代物だからだ。

安心ができない。






それにパソコンはウイルスの感染でデータが消し飛んだり、OSの不具合でPCが起動しなくなり初心者にありがちな再インストールで自ら誤ってデータを消去してしまうという事も頻繁に起こる。

たった一回のミスで・・・・・

たった一回のミスで・・・・・・



だからこそバックアップが必要なのだ


繰り返すがバックアップしないデータは消滅する運命にある


そしてそのデータには数百万円〜数千万円の価値がある。






車1台や2台事故で潰す所の騒ぎではない。











そうは言っても、定期的なバックアップは面倒くさい。

それが心情というものだ。

ではなお更面倒臭いにも関わらず、勝手にバックアップしてくれる環境を作る必要がある。




これは、富の道と同じである。

日々の努力は避けるべきだ
しかし・・・・・・


楽をして努力しなくてもいい環境を作る事に、全力をもって努力するべきである。



怠惰な「神の見えざる手」は、効率を好む









リムーバブルハードディスクを2台家電屋で購入してきてご自分のPCにぜひ取り付けて欲しい。詳しい取り付け方はショップの店員に聞いてみるといい。

そんなに難しい事ではないが自分では無理と感じたらお店の店員なりそれ専門のサポートを行なう会社に委託して取り付けてもらおう、こんな所で数万円ケチってはダメだ。

分からない事があったら、専門家を徹底して使うのだ。



もちろん記録容量は小さくなるがリムーバブルハードディスクでなくともメモリースティックでもSDカードでもかまわない。これならPCの知識が全くなくても簡単だ。





さて機材の準備が出来たら、バックアップソフトのCOPIXを使おう。

フリーソフトで大変優秀な出来である。このソフトで毎日バックアップする時間を決めておきWindowsのスタートアップに登録しておけば勝手に定時にバックアップしてくれる。

ずぼらな人でもこれで安心だ






なお、ウィルスに感染されてPCのデータとリムーバブルメディア共々消える場合もあるので、同じリムーバブル機材を2台用意して時々交換してやるといい



さてそこまでやったら、次のステップだ
ハードディスクやCD-R・DVDメディアの長期保存に取り掛かろう。私は専門家ではないので詳しい説明ができないが長期保存をするにあたりポイントがいつくかあるので紹介したい

メディアの長期保存には

・品質の良いメディアを選ぶ事が大切

・CD-R・DVDは最大可能容量まで記録しない、外周ほどドライブ内で高速で動く為、傷つきやすい

・光に当てない

・湿度を低くする、高いと長期ではカビが生える

・データ面をなにかに接触させない、長期で保存するとメディアと素材が引っ付く恐れがある




デジタルデータは劣化しないが、ある日突然読み込めなくリスクがある。上記の条件に注意して危険因子を排除していく必要がある。

投資の概念を、データのバックアップにも適応させるのである。




保管場所は、密封できるプラスチックケースに除湿財をいれ日の当たらない場所にしまっておけば低コストでできる。

それを金庫に入れておけば防犯上なお安全になるだろう。

その他にはカメラ用の防湿庫を利用するという手もある。商品によっては湿度計・カビセンサーがついておりなお安心感がある


場所を隔離して災害や盗難などのリスクをコントロールするのならば、「貸し金庫」やよりお手ごろな「トランクルームサービス」というものがある。その他デジタルトランクというWEBサーバーを利用したサービスも存在する




ホーム > > > とくしゅう > > > 木下洋介コラム > > >「デジタル資産を守る」