ホーム > > > とくしゅう > > > 真宮氏コラム「どの時間軸でゲームをするのか

どの時間軸でゲームをするのか


私は投資というのは本質的にゼロサムゲーム的側面を持つものだと思います。ゼロサムゲームならば当然に勝者がいて、敗者がいるというわけです。
もしも高い確率で勝ち続けることを望むならば、自分に優位性のあるゲームをし続けることが重要になってきます。

今回は一つの視点として「時間軸」のことを考えたいと思います。
自分が長期的な時間軸で勝負をしようとしているのか、短期的な時間軸の中で勝負をしようとしているのかを把握することが肝要であると考えてます。
人間は本能的に短期的な視点や感情に支配されやすい生き物であることと関係あるのかもしれないですが、長期的に勝負をするというのがバリュー投資の大前提であるということを忘れがちではないでしょうか。

では、バリュー投資家が短期的に勝負しようとするとどのような問題が起こるのでしょうか。
短期的な時間軸という土俵で勝負するならば、同じ短期で勝負する人間に勝つことが重要になってくると思います。
しかし、それはバリュー投資家が得意とする価値と価格との乖離を突く戦略が通用しにくい世界すなわち市場の感情(ミスターマーケット)に左右されやすい世界で戦うことになると思います。
それはバリュー投資家から見ると、いわゆるノイズトレーダーと戦うということになります。
もっとも、バリュー投資の視点以外の取引での値動きをノイズと決め付けることはそもそもどうなのかという議論はあるのかもしれないですが。

ノイズトレーダーは場合によっては、平均的バリュー投資家よりも、遥かに俊敏に的確に動く可能性が多々あります。
要するに、バリュー投資家は短期的には平気で負けてしまう可能性があるわけです。
アービトラージをする際に、すぐに閉じるだろうと期待していた鞘が短期的にさらに開いてしまうというイメージです。
(本質的価値と価格との開きをイメージしても良いと思います)

ゼロサムゲームの世界では、誰かが損を負担し続けなければ、自分が永続的に勝てるという話にはならないという側面があります。
「なぜ自分がそのゲームに勝ち続けて、なぜ他人がそのゲームに負け続けるのか」
せめて自分の中だけでもその説明ができる必要があると思います。
さらに、その説明が希望的観測から離れ、客観的であるならば、そのゲームに参加する価値があると考えることができるのではないでしょうか。



ホーム > > > とくしゅう > > > 真宮氏コラム「どの時間軸でゲームをするのか