初心者が株式投資を始めるにはいくら必要なのか?


答えは簡単である。いくらだろうがそんな事は関係ないという事だ。

私は、ミニ株制度を使い3万円から株式投資を始めたがこの判断は

「非常に正しかった」

と心底思う。儲ける金額なんてどうでもいいのだ、極めて重要な事は儲ける為のシステムを構築する事である。目の前の収益なんてどうでもいいのである。真に掴むべきは長期的収益であり、本質的な収益なのである。

そういった視点から見ると、初期投資額の大小などちっぽけな問題である。3万円だろうが1000万円かだろうが、そんな事はどうでもいい事だ。

大事な事は、投資を体験する事であり儲ける為の仕組みを作る事である。儲ける為の仕組みを一度作ってしまえば後はそこにお金を投げ込むだけだ。

勝手に増えていく。儲けたお金はさらに複利となって増えていく。それもこの儲ける仕組みが確立されていればこそである。

しかしこの儲ける仕組みが確立されていなければ悲惨な結果が待ち受けている。投げ込んだお金は全て消えていく。投げ込めば投げ込むだけ貴方は貧乏になっていく。

この儲ける為のシステムを確立しているかいないかで、全ては決まる。金額の大小ではない、これは繰り返して強調すべき事柄である。


儲ける為のシステムがあるかどうかで全ては決まる。





この永続性のあるシステムを確立する事で私達は延々と豊かになるのであり、システムを確立しないからこそ延々と貧しいのである。


その儲けるシステムとは、株式投資を行う事であり、裁定取引を熟知する事である。そして情報に価値があると認める事であり、バリュー投資の優位性を理解する事である。


日記にも書いた事だが、リタイアに必要な金額は1000万円である。家族の人数x1000万円である。これは儲ける為に必要なシステムが確立されている事を前提としている。


銀行預金に預ける事は、長期で必ず負ける戦略である。何故ならばインフレに勝てないからである。短期的には安全に見えて長期では、本質的リスクを犯している。

一億円を相場で偶然儲けるなり、宝くじで当てても引退はできない。何故ならば長期的な収益を確保出来ないからである。一億円という数字ほど当てにならない物はない、これは短期的な状況を表しているに過ぎない。

収支の管理と長期的な利回りを確保出来なければ決して安心して引退など出来ない。




長期的な富と短期的な富は全く違うのだ。短期では金額の大小が豊かさを決めるが、長期では儲ける為のシステムを確立したかどうかで全ては決まる。支出の管理ができなければ大きな金額であれ、すぐに消え去る運命にある。宝くじに当たった所でロールスロイスと豪邸を買ってみればあっという間に破産である。






長期軸では、現在の持ち金など・・・・・・

ささいなノイズである。

長期的に儲ける為の方法を掴んでこそ、尽きる事のない無尽蔵の富を得る事ができるのだ。株式投資で一発当てたら、銀行にお金を預けて引退すると考えている者は相当にやばい。インフレのリスクを全く分かっていない。長期的に富が尽きるのは必然である。

相場で一億円を儲けて勝ち逃げして、10年後20年後に路頭に迷っているような選択はするべきではない。長期的に永続して勝ち続ける方法を選択しなければならない。





結論

金額の大小など気にする事ではない。持ち金3万円からでも株式投資を始めるべし。










ホーム > > > とくしゅう > > > 木下洋介コラム > > > 「初心者が株式投資を始めるにはいくら必要なのか?」