ホーム > > > とくしゅう > > > 木下洋介コラム > > > 「2006年2月のコラム」

投資情報を格付け「セミナーや有料サイトを本物の投資家が鑑定」-情報投資ドットコム
株式投資情報のレビュー 先物投資情報のレビュー 通貨投資情報のレビュー 不動産投資情報のレビュー 経済投資情報のレビュー 投資レポート
 



初めての方は、富を得る3つの原則をお読みになると良いでしょう
下落相場

2006/6/8



相場がガンガン落ちていっている。見ていて非常に

気持ちがいい


バリュー投資家ならば、下落相場を喜ばなければならない。

まるでMっけの強い変態だけど、その通りなんだから仕方がない。


落ちれば落ちるほど興奮する。一番嫌なのは中途半端な動きだ。上でも下でもどっちでもいいから


白黒ハッキリしろ


と思うのは私だけではないはずだ。


過去にきつい下落相場がどれくらいの期間が続くか調べてみた。(まあ昔も調べた事があったけど、すぐ忘れてしまう・・・・・)

だいたい半年〜1年半。1月の高値から半年たったから、後一年続けば立派な下落相場の出来上がりだ。

少々のリバウンドを含めると本格的な下げ相場は3年〜5年程度・・・・・
今回はそこまで行くとは思わないけど。ジャスダックインデックスが70にいった辺りが買い時かなと思う。

そして
投資暦10年の経験則から言うと、これ以上は下がらないと思った株を買ってそこから大体半値から3分の一になった辺りが大底である。








投資で勝つ為の原理原則は極めて単純です。このコラムには、私が10年かけて掴んだ情報が詰まっています。投資の本質を掴む事で、貴方の貴重な時間を節約し、投資パフォーマンスを大きくする為に情報に投資してみませんか?

10年後の将来の為に行動してみませんか?短期的視点を捨て去り、長期的視点に立つ事こそラットレースを抜け出す道です。