ホーム > > > とくしゅう > > > 木下洋介コラム > > > 「2008年4月のコラム」
投資情報を格付け「セミナーや有料サイトを本物の投資家が鑑定」-情報投資ドットコム
株式投資情報のレビュー 先物投資情報のレビュー 通貨投資情報のレビュー 不動産投資情報のレビュー 経済投資情報のレビュー 投資レポート
 


古い日本の経営スタイルを賞賛してみる。


2008/4/28

バブル崩壊以前の昔の日本企業は、利益を求めると言う姿勢があまり感じられませんでした。

ひたすら

売上げ至上主義


を掲げていました。ですから、設備投資は盛んでキャッシュフローは大きくとも利益は小さく配当は雀の涙でした。


国際競争を勝ち抜く為に、配当は抑制され全て設備投資に向かいました。利益は求めません。

何故なら多くの投資家は利益も配当も要求しないからです。




配当を抑制し、内部留保しまくる日本企業は国際競争に勝ち続けました。配当もくれないのに超割高株にも進んで公募に応じてくれる



献身的な投資家のおかげ



徹底的に売上げを増やしていったのです。利益が増えず、売上げが増えるとどういう事が起こるのでしょうか?



バフェットのいう利益無き繁忙という状況にあるわけです。


しかし、視点を投資家から従業員、あるいは国家サイドに移して見てみると


「実り多き繁忙」だったのではないかと思うのです。


企業や投資家の視点からは利益は無くとも、そこで働く従業員は膨大な設備投資を動かすエンジニアとして多くの賃金を得る事が出来ました。企業はお金を得る事は出来なくとも、技術的・設備のストックは膨大に蓄積していきました。



親の遺産や、なけなしの退職金、生活費から捻出される僅かな貯蓄を叩いて、

超割高株を掴むという英雄的行為


日本国経済を支えていたのではないでしょうか?



日本が何故世界二位の経済大国になり得たのか?という事を考えると

利益(配当)を無視するという戦略が、上手くいったという側面が大きいように思います。従業員や国家レベルでは国は豊かになったと言えるかもしれません。

しかし、株式投資をしていた個人や株式持合いに携わった法人は、バブルの崩壊と共に儲けを全て吐き出してしまうのでした。適正な利回りを得る事も適わず、愚かな夢を見たとばかりに


世間に非難されたのでした。




そして株式投資を金持ちの汚い金儲けの手段と非難していた人達は、株式投資家の犠牲の上の利益(給与)を存分に味わったのです。







さらに、配当!配当!と声高に叫ぶ欲にまみれたアメリカは、国際競争で負けまくりながらも投資家には十二分に振舞ってきたのでした。






*この日本式企業統治スタイルが上手く行く為には、永遠に株価が上昇する必要があったと思います。しかしバブルは崩壊してしまいました。今では投資家は賢くなり、ここまで献身的な行動を行いにくくなりつつあります。しかし当時としては全体を豊かにする為の神の一手を打ったと思います。


*日本はこの戦略をマクロレベルでやったのですが、ミクロレベルでやったのが失敗したライブドアであり、成功したソフトバンクだと思います。







投資で勝つ為の原理原則は極めて単純です。このコラムには、私が10年かけて掴んだ情報が詰まっています。投資の本質を掴む事で、貴方の貴重な時間を節約し、投資パフォーマンスを大きくする為に情報に投資してみませんか?

10年後の将来の為に行動してみませんか?短期的視点を捨て去り、長期的視点に立つ事こそラットレースを抜け出す道です。







投資家の視点から、世界恐慌を知る

2008/4/22



昨今、金融不安が叫ばれていますが


もし、仮に歴史に刻まれるほどの最悪の出来事が起こったとしたらどうなるのか?


知っておくのはかなり有益なんじゃないでしょうか。







当時のアメリカが、資料豊富なので何が起こったか見てみましょう。





時は1929年 世界恐慌前夜....


名目GDP 1036億ドル

ダウ工業平均 374.46ドル (1929/8/26)

PER27倍





1932年 世界恐慌の大底 

名目GDP 564億ドル

ダウ工業平均 40.56 ドル 

PER 赤字の為かはっきりせず。配当利回りは10%超え。

バロンズ50株式インデックスのPERは8倍程度。(デフレが加速した為に、減価償却の比率が増え、表面上の利益が消えたものと思われます。80年代のインフレ期とは逆の現象)


なんと株価は90%の下落に見舞われました!



この間、良質の債権も20%程度の下落を受けたようです。





名目GDPは46%の下落

その間に物価は20%下落していますから


実体経済(実質GDP)のダメージは、瞬間最大風速で26%という事です。






ですから、今後起こりえないと思いますが

もし世界恐慌クラスの不況が訪れれば、実体経済は25%程度痛むと予想できるんじゃないでしょうか。


株価の変動こそ、大きかったものの

皆さんがイメージしている恐慌よりは、ダメージが少なかったのではないでしょうか?株価下落の大部分も実体経済が傷む事よりも、PERやPBRの下落のほうが遥かにインパクトが大きかったものと思います。



PS

当時の日本株の情報

1928年7月 日本株指数の高値124.3円 (天井)

1930年10月 44.6円  (大底)













投資で勝つ為の原理原則は極めて単純です。このコラムには、私が10年かけて掴んだ情報が詰まっています。投資の本質を掴む事で、貴方の貴重な時間を節約し、投資パフォーマンスを大きくする為に情報に投資してみませんか?

10年後の将来の為に行動してみませんか?短期的視点を捨て去り、長期的視点に立つ事こそラットレースを抜け出す道です。










インデックス指標の価値上昇の源泉

4/2

インデックス指標の価値上昇の源泉(特に新興市場:ジャスダック、マザース、ヘラクレス)




ふと思ったのですが、長期ベースでの新興市場全体の価値上昇の最も大きな理由は、投資家が高値で新株の引き受けを行ってくれるからではないのかと思いました。



企業収益の成長、BPSの積み増し等の価値上昇分、配当利回りの積み上げなども当然あるのですが、それよりも大きな価値上昇分は



投資家が馬鹿高値で公募に応じてくれた事




が価値向上の


最も大きなファクターではないのかと思いました。




成長の最も大きな原動力が


夢見る投資家の屍の山




というのも、なんとも世知辛い現実ですね。しかし気分とは裏腹に現実は、夢を見ても良い頃になっていると思います。




(ジャスダック指標:赤いラインは推定する最低限の価値)











投資で勝つ為の原理原則は極めて単純です。このコラムには、私が10年かけて掴んだ情報が詰まっています。投資の本質を掴む事で、貴方の貴重な時間を節約し、投資パフォーマンスを大きくする為に情報に投資してみませんか?

10年後の将来の為に行動してみませんか?短期的視点を捨て去り、長期的視点に立つ事こそラットレースを抜け出す道です。












ホーム > > > とくしゅう > > > 木下洋介コラム > > > 「2008年4月のコラム」