ホーム > > > とくしゅう > > > 高卒、大卒どっちがお得?

高卒、大卒どっちがお得?



さあ、調子に乗ってさらに複利で遊んでみましょう。

なんにせよ遊ぶと一番学習効果が高いという話もありますからね。

複利を使っていろんな人生を考えてみたいと思います。話をわかりやすくするために、かなり単純化していますがご了承ください。

高卒と大卒どっちが得か?
今は猫も杓子も大学に通う時代ですが、本当にそれで元はとれるのでしょうか?
ここに一つの資料があります。
学歴別の生涯賃金+フリーター生涯賃金です。

大卒2.9億円
短大卒2.6億円
高卒2.58億円
フリーター5200万円

高卒と大卒の生涯賃金の差は3200万円でしかありません。高卒と短大卒にいたっては200万円の差しかありません。短大にいかせるのがいかに道楽かがわかります。
高卒の方が4年間多く働くとはいえ、若いうちの4年間が複利的にどれだけ大きいか、これまでこのコラムをご覧になってきた人には、もうぼんやりとイメージができているかもしれません。その辺を実際に検証してみましょう。

同い年の高卒のK君と大卒のD君、どちらが60才の時点でお金持ちになれるでしょうか。二人とも同じ運用技術を持っているとします。

調べたところ、高卒の初任給は152,600円です。
K君は就職と同時に月に3万円ずつ貯金することにしました。実家で暮らしているならそれくらいは可能な額だと思います。
小さいころから相場に親しんできたK君は、20%の利回りでそれを運用し、ついに60歳まで42年間それを続けました。いくら貯まったでしょうか。
K君はついに45億6941万7485円という資産を築くことができました。富豪というあだ名ができました。

対してD君です。彼も親友のK君直伝の投資法を大学在学中にマスターし、20%で運用できる能力があります。
D君の初任給は195000円。彼はK君の資産に追いつくために就職と同時に、月に5万円貯金して投資することにして、それを60歳まで38年間続けました。
D君の資産は36億7082万8920円になりました。

二人の差は、9億円近いです!
D君は月5万円で追撃したもののついに追いつけませんでした。
4年の遅れは致命的でした。

いかがでしょう。スタートが遅れることは、何よりのハンデなのです。給料がいくら上がったからといって、複利の力ほどの上昇はほとんど見込めないでしょう。


しかし、ここまでの話はまだ半分です。
D君には教育費用が余分にかかっています。
以下の費用をご覧ください。

<教育にかかる費用>
 公立私立
幼稚園2年間約64万円約124万円
小学校6年間約276万円約777万円
中学校3年間約196万円約396万円
高校3年間約190万円約424万円
大学4年間
(医・歯系は6年間)
約453万円〈国立〉約549万円(私立文系)
約650万円(私立理系)
約2,900万円(私立医・歯系)
(「AIUの現代子育て経済考2001」より)


D君が国立大学に行ったとして、約450万円かかっています。これも考慮しなければなりません。

仮に高卒K君の両親が、K君が大学に行ったつもり貯金として年間100万円を4年間積み立て、その後は放っておいたことにしてみます。それも20%複利で増えていきます。ほぼ全額バークシャーハサウェイ的な会社の株を買っていたのかもしれません。K君60才の時、その忘れられていた遺産が明らかになりました。
K君は驚きました。

なんとその額65億7477万8147円
自分で貯めた額より大きな資産が突然転がり込んだのです!

K君の資産はあわせて110億円。
財閥を築けましたとさ・・・・・。

もう、複利の力を前に、学歴なんて本当に無意味なのです。
結論的には、大学行ったらモト取れない!です。

もちろん、大学でしかできないことはあります。
行かないとなれない職業もありますし、その場合はお金ではかえられません。

しかし、文系とかで、資格も目標もなにもなく、ただ大学を目指し、さらに浪人するなんていうのは、実は本当に経済効率性のない話です。モトがとれようがない話なのです。そもそもやる気がない人間に無理やりやらせても、有益なものは何も生まれません。それでも大学に行かせようというのは、経済性を欠いた単なる親のエゴなのではないでしょうか。 自分が行ったのでわかりますが、そもそも大学で勉強する気なんてさらっさらのサラサーティありませんでしたからね。

さあ、あなたはどうしますか?

大学へ行くのがステータスだった時代は終わりました。
これからは、大学に行かさない親のほうが賢くみえてくるのかもしれませんよ。

なーんてね。





ホーム > > > とくしゅう > > > 高卒、大卒どっちがお得?