ホーム > > > とくしゅう > > > 複利の極意

複利の極意


複利で大切なことをまとめてみます。
当たり前のことなんですけどね。

複利を味方につけるには
・できるだけ早く
・できるだけ大きな元本で
・できるだけ追加投資し
・できるだけ高い利回りで
・できるだけ長期運用する
ということが大切です。

正直言いまして、いろんな増え方を見てきましたが、実際にあんなふうに増えれば誰も苦労しませんね(笑)。
あくまで、複利の威力をわかっていただくというコンセプトを基に、やらせていただきました。
一番いいたかったのは、複利を味方につけて、20年ほどの期間があれば、誰でも一財産作ることができる、ということです。
現在、デイトレードや、短期売買などで一攫千金を狙っている個人投資家の方々も多いと思います。
もちろん、それはそれで良いのですが、資金の一部でも複利を意識して、長期の運用を視野にいれていれば、トレードの安定度がぐっとあがると思います。
そう、誰でもそれなりの資産は作れるはずなのですから。

長期の視点からみることができれば、日々のの株価の値動きに一喜一憂する必要がなくなります。

遅すぎるということもない

また、できるだけ早く、といいましたが、あなたがもし今50才くらいでも遅すぎるというわけではありません。
幸い世界有数の長寿国の住人じゃないですか。平均でも30年、頑張れば今までの倍も生きることができます。
それだけの時間があれば、必ず一財産を築くことができるでしょう。
一番肝心なのは、今はじめるか否かです。

ここで、50才から50万円を元手に101才まで生きて、実に2200億円もの資産を残した伝説の女性投資家を紹介しておきます。
彼女の名前は、アンネ・シャイバー。50年間の平均利回りは22%!複利伝説の体現者です。
こちらに詳しい話が載っていますので、ぜひご覧になってみてください。

上記の5つのポイントのうち、一番難しいのは高い利回りをキープすることかもしれません。
しかし、10%くらいの利回りならば、誰にでも十分可能であると私は考えています。
みなさんも自分がいくらくらいの資産を、いつまでに築きたいか考えてみてください。
別に2200億円も作る必要はないですしね(笑)。

この複利シリーズを読んでいただいたお礼に、複利計算に便利なサイトをお知らせします。
ちなみに、計算があまり得意でない自分は、このサイトに頼りきりでした。
もし計算が間違っているとすると、このサイトのせいです(笑)。

投資達成額のシミュレーション(フィディリティ投信)
http://www.fidelity.co.jp/fij/plan/tool/goalcalc.html

話を単純化するために端折りましたが、インフレの影響も考慮にいれて計算できるスグレモノです。
これで遊びまくって、複利のイメージを自分のものにしてください。
それでは、あなたのご繁栄をお祈りして、複利の極意を終わらせていただきます。





ホーム > > > とくしゅう > > > 複利の極意