ホーム > > > とくしゅう > > > 木下洋介コラム > > > 「2006年2月のコラム」

投資情報を格付け「セミナーや有料サイトを本物の投資家が鑑定」-情報投資ドットコム
株式投資情報のレビュー 先物投資情報のレビュー 通貨投資情報のレビュー 不動産投資情報のレビュー 経済投資情報のレビュー 投資レポート
 



初めての方は、富を得る3つの原則をお読みになると良いでしょう
物とは知識を形にした物だ。

2006/6/26

情報を具現化した物には価値を置き、情報そのものには価値を認めない考え方に疑問を感じる。

インテルの最新鋭のチップは、物質を情報を使い加工した物であるし、自動車とて鉄の塊を技術という情報を使い加工した物に過ぎない。

飲み物や食べ物だって同じだ。先祖代々語り継がれてきた知識たる技術を使い、それを我々の食卓に運んでいるに過ぎない。


この知識自体に金銭的価値を評価できないという現実はとても興味深いと思う。



知識層とて、自分の持っている情報の価値に気がつかないという側面は非常に興味深い。例えば、価値より安く買えなんていう概念は、1000万円の値段がしていても相当に価値がある物である。

しかしまともにそれを評価しようと思う者は殆どいない。結果として物を過剰に価値を与え、情報は不当な安値で軽視される。


企業家の視点からこの現実を直視したほうがいいと最近気がついた。本質は情報においても、表面はチャラチャラしたものにする。

これを現実的合理主義というのではないかなと。

宗教だって考えてみれば、金色に輝く建造物を建てたり、天にも届きそうな大聖堂を建てたりしている。彼らは情報のプロフェッショナルである。宗教の本質な教えは外見で勝負する必要がないにも関わらず、形で表そうとする。私は形を軽視し過ぎていたように思う。




まあしかし、投資の世界ではこのような政治的駆け引きは要求されないので、

理論だけで勝負できる世にも珍しい世界といえるだろう。