ホーム > > > 株式レビュー > > > 現在のページ

投資情報を格付け「セミナーや有料サイトを本物の投資家が鑑定」-情報投資ドットコム
先物投資情報のレビュー 通貨投資情報のレビュー 不動産投資情報のレビュー 経済投資情報のレビュー 投資レポート
 

株式投資情報のレビュー




講師: 梶田政人 氏


対象:中級者向き
情報内容株式セミナー(DVD)
価格29,400円
ファンダメンタル分析●●●●●
テクニカル分析●●●●●
●講座趣旨

◆この講座であなたが手に入れられる知識の一部を挙げると・・・
・1年4ヶ月で2億円稼ぐにいたった、短期回転売買術とは
・10年強の投資経験から編み出したシンプルな売買シグナルとは
・資産増殖のための投資鉄則7箇条とは
・信用取引を利用した実践売買術とは
・下げ相場でも的中率6割以上のチャートパターンとは

◆以下のような方に当セミナーをオススメします。
・短期間に資産を雪だるま式に殖やしたい方
・自己資金1000万を短期間で億にしたい方
・テクニカル分析を学んだものの、どう実践に活かせばいいのか分からないという方
・攻撃的なマネーマネジメントについて学習したい方

短期売買、長期投資、バリュー投資、成長株投資、デイトレード、システム売買。etc

株式投資の売買手法というと、実に様々なものがあります。

どれが正しくて、どれが誤りであるという回答は、誰にも出すことができないのが現実であると思います。

どのような投資手法であれ、勝者と敗者が存在するのが、相場の世界であるといえるでしょう。

その中にあって、私達は、何を指針に学習すればいいのでしょうか?
相場の世界では、「いくら収益が上がったか」というのが、はっきりと現れます。

よって、自分の目指す投資収益を既にあげている方から、学ぶことは、自分の投資目標達成に向けて、かなりの近道であるといえるでしょう。
今回は、たった1年4ヶ月間で、自己資金50万、友人からの借金950万の合計1000万を、2億円までもっていた個人投資家に、その短期回転売買テクニックをタップリとお話頂きます。

------------
2003年1月の時点で、証券口座にあった投資資金は1000万円。個人投資家として、その額は多からず少なからずだと思うが、実は個人的な資産は50万円で、残りは友人知人からの借金であった。

投資資金としては1000万円ということになるが、私の中では50万円。すべてはここから始まった。

下落相場、保ち合い相場、上昇相場のどの相場でも、値幅取りが狙えると自負する短期回転売買術を駆使して1000万円を運用。2003年4月に底を打って上昇に転じた相場を追い風に、回転売買を効かせた結果、資産は雪だるま式に殖えていった。

そして、2004年4月、資産は2億円に達したのである。

相場上昇の追い風を受けたとはいえ、1000万円を1年ちょっとで20倍の2億円にしたのは、かけねなしの事実である。

「2億円稼いだ」というタイトルからは、一発勝負で儲けた、あるいはデイトレードのようなやり方で日銭を稼いだ、というようなイメージをもたれる方もいるかもしれない。

誤解のないように申し述べておくが、私の投資手法はギャンブルや小遣い稼ぎのためではなく、「短期に資産を増殖する」ことを目的としている。

ただし、資金効率を極限まで高めるために、一般にはリスクが高いとしてあまり勧められない手法をとっていることを断っておきたい。
皆さんにはご自分の投資スタンス、投資環境にあわせて、とれるリスクの範囲内で、私の手法を参考にしていただければ幸いである。
------------
以上、梶田先生の著書「1年4ヶ月で2億円稼いだ私の短期回転売買術」から引用

梶田先生は、10数年におよぶ投資経験から独自に信頼のおけるチャートパターンを見出されたそうです。

そしてそのチャートパターンを活用して、実際に2億円の収益をあげられました。

今回は、第一部として梶田先生の投資ルール、資金管理をお話いただいた後に、個別のチャートをあげながら、梶田流のチャートパターンを徹底講義頂く予定としております。

たった1年4ヶ月で2億稼いだということは、年収にして、1億円をゆうに超過します。

そのような素晴らしい収益をあげた相場師から、直接ご講義頂く当セミナーの価値は計り知れないものがあるといえます。

相場がどうであれ、短期間に売買を繰り返し、資産を雪だるま式に増殖させてきた実践相場師のテクニックを使って、あなたも億の稼 ぎを目指しませんか?








投資の専門家 「木下洋介」 おすすめ度
★★★★

「典型的なトレンドフォロワー」


まず最初に資産推移の説明が長い、前半は少し退屈した。投資手法は最もHOTな市場・銘柄に資金を注入し、支持線(サポートライン)を使用して順張りを行なっているようだ。


車の危険性と信用取引の危険性の比較の話は面白かった。レバレッジをバンバンに効かせているので、パフォーマンスの真似は難しいだろう。後付で述べるなら異様な高パフォーマンスは短期売買の専売特許ではない。2003年の時点で信用取引を駆使していればバリュー投資のスタンスでも同程度のパフォーマンスは達成できたという事だ。


講師が凄い点は手法の優位性というよりは、徹底したリスク管理と数ヶ月大きな損失を出し続けても平静でいられる鋼の心臓であると思う。最悪の事態をリアルに想像し準備ている所が鋼の心臓の秘訣のように思った。

レバレッジを使う際の本質的リスクとして、市場が狂ったように下げまくる時に対処できないという事だ。損切が通用しない相場が10年か20年に一度あるのだ。信用を駆使する場合このようなケースを想定して手を出して欲しい。リスク管理が全く出来ない相場が稀に起こる。そしてそれは将来必ず起こる。




25日線を使う投資手法はなにやら凄そうなので、一度検証してみたくなった。






OL投資家 「うさ子 おすすめ度
★★★★

「テクニカルのみ」

講師は現役の予備校の講師なだけあって、喋りがとてもスムーズで聞きやすかった。
「制度を熟知すれば怖くなくなる」確かに、何も知らなければ、何をやっても失敗する。
「デイトレードは五分五分。俺は六分四分で勝つからギャンブルじゃない。」と言っていたが、私にしてみれば、

信用MAXで取引している時点でギャンブルっぽく思ってしまう


さらに、発言の中で、2億もある実感が無いと言っていたのは、ギャンブル、さらには中毒の現われではないでしょうか?私には真似できないでしょう。
ただ、質疑応答にかなりの時間をかけ、丁寧に答えているところはかなりGOOD! 



「バリュー投資家 アトムカンフー」 おすすめ度
★★★★


「相場の夢を体現」

バリュー投資家に代表されるファンダメンタリストは、テクニカル分析に対して過敏に反応する人が多いですよね。あれは宗教だ、迷信だ、ウソッぱちだ・・・等など。

しかし、このDVDをみれば、そのテクニカル分析を駆使して本当に稼いでいる人が存在するということがわかるでしょう。

勝つか負けるか、期待値は5割。講師は、その期待値を6割にするための手段としてテクニカルを使っています。そこには、テクニカル指標に対する盲信はありません。
トレンドを計る道しるべとしてのみ使うというドライな認識です。

勝率6割の勝負を数多く回転させることによって資産を積み上げる。あくまでトレンドへの順張りを試みるその姿勢に、理論的破綻はありませんよね。

うまく上昇相場に乗り、レバレッジを駆使すれば、1年4ヶ月という短期間で1000万円を2億にすることもできるのだ、という相場の夢の体現として貴重なDVDだと思います。

ただ、この手法、スタート次点である2003年前半にマイナスだったことなどを考えると、下落相場での耐性にはかなり疑問が残るのも事実です。

あと、予備校の先生って、週三回夕方から仕事とかなんですね。
自分の時間がたっぷりとれる、羨ましい職業なんだということも知ることができました。
相場につきっきりで参加できる優位性あってこその実績なんだと思います。

誰もができ得る内容ではないと思いますが、視野を広げるためにも見てみて損はない一枚です。





情報投資ドットコム 有料コラム





講師 木下洋介
対象 初心者〜中級者向き
株式・先物投資家・不動産投資家
価格 30,000円

この中には私の10年間の投資で培われた投資手法と思考方法が凝縮されています。 
よくある精神論やなんとでも解釈できる抽象論でもありません、実際に投資して財産を築き上げた最もコアな部分です。繰り返して読むに値する文章です。値段は高いが安売りはしない。それ以上に価値はある。




ホーム > > > 株式レビュー > > > 現在のページ