ホーム > > > 株式レビュー > > > 現在のページ

投資情報を格付け「セミナーや有料サイトを本物の投資家が鑑定」-情報投資ドットコム
先物投資情報のレビュー 通貨投資情報のレビュー 不動産投資情報のレビュー 経済投資情報のレビュー 投資レポート
 

株式投資情報のレビュー





講師:川口一晃 氏


対象:超初心者〜中級者向け
価格3,990円
ファンダメンタル分析●●●●●
テクニカル分析●●●●

単に相場の将来を予想する観測法ではなく、売り買いの急所を明確に決定する分析法が一目均衡表の人気の秘密です。本DVDに収録されたセミナーでは、値動きの傾向から売買タイミングを測る「一目均衡表」を基本から応用、そしてケーススタディ(具体例)までを解説します。

内容
1 一目均衡表の基本
1-1 作成法と線の名称
1-2 各線の意味(転換線、基準線、先行スパン、遅行スパン)
1-3 簡単な利用法
2 一目均衡表の応用
2-1 波動(I波動、V波動、N波動、Y波動とP波動)
2-2 基本数値
2-3 値段(V計算値、E計算値、N計算値、背反値)

3 ケーススタディ(具体例)


参考文献:『一目均衡表の研究

講師/川口一晃(かわぐちかずあき)
銀行系証券会社、投資顧問会社、国内投信会社にて11年間ファンドマネージャーを務める。その後、ブルームバーグL.P入社。アプリケーションスペシャリストとして株式、投信を中心に分析ツールの開発に従事。現在、NPO法人「金融知力普及協会」にて金融知力、投資教育の普及に従事。









投資の専門家 「木下洋介」 おすすめ度
★★★★★


「一目均衡表をわかりやすく説明してくれる」


以下講師の言葉を抜粋

「株式の分析は概ね、テクニカル分析とファンダメンタル分析に分けられる」
「ファンダメンタル分析は企業の本質的価値を計算していくのが、ファンダメンタル分析」
「テクニカル分析は過去の値動きだけで将来を予想していく」
「どちらの分析も大事です」
「ファンダメンタル分析はサイエンスの世界、テクニカル分析はアートの世界」
「いい絵描きになるには、数多くの絵を見ていく必要がある」

「知性は本能を超えられない」
これは名言だと思った。相場で一部の投資家が通常以上のパフォーマンスを叩き出せる源泉はここにあるように思う。

対等数値という考え方は勉強になった。一目均衡表、そしてその核を成す波動理論を学ぶ時には値段も手頃で、良い教材だろう

 








情報投資ドットコム 有料コラム





講師 木下洋介
対象 初心者〜中級者向き
株式・先物投資家・不動産投資家
価格 30,000円

この中には私の10年間の投資で培われた投資手法と思考方法が凝縮されています。 
よくある精神論やなんとでも解釈できる抽象論でもありません、実際に投資して財産を築き上げた最もコアな部分です。繰り返して読むに値する文章です。値段は高いが安売りはしない。それ以上に価値はある。




ホーム > > > 株式レビュー > > > 現在のページ