ホーム > > > 株式レビュー > > > 現在のページ

投資情報を格付け「セミナーや有料サイトを本物の投資家が鑑定」-情報投資ドットコム
先物投資情報のレビュー 通貨投資情報のレビュー 不動産投資情報のレビュー 経済投資情報のレビュー 投資レポート
 

株式投資情報のレビュー





講師:福永 博之 氏


対象:超初心者〜初心者向け

価格2,800円
ファンダメンタル分析●●●●●
テクニカル分析●●●●
「買い」だけではなく、「売り」もできる信用取引。
リスクが高いというイメージがあるかもしれませんが、仕組みさえ分かってしまえば、あなたの投資を力強くサポートしてくれます。

基礎編では信用取引の仕組みを解説します。 さらに、応用編では、下落相場での「信用の売り」、リスクヘッジとしての「つなぎ売り」、株価の上げ下げに関係なく利益を取る「スプレッド取引」、売りサインの判別法として「RSI」と「ポイントアンドフィギュア」などを解説しています。

例)「つなぎ売り」:株価が下がると予測したが、できれば現物株を手放さずに利益を確保したいときなど、「保険」として使うことができます。 信用取引を利用すれば、投資の幅が確実に広がります。

世界のトップ投資家は、以下のように言っています。「投資には柔軟性をを持たなければならない。決して売りはしない投資家や特定の市場しか取引をしない投資家は、自らのチャンスを制限してしまう。柔軟性を持たない投資家は、幅広い市場にオープンな姿勢をとる投資家から比べれば、明らかに不利だ」(参考文献 『マーケットの魔術師』)

信用取引を学び自らのチャンスを広げてみてはいかがでしょうか。

94.3%の参加者が「理解できた」と評判を得た勉強会は、福永博之氏[楽天証券(DLJディレクトSFG証券)]が分かりやすく解説します。

基礎編プログラム

信用取引の基本
信用取引にかかる費用
決済金額の計算
委託保証金
信用取引のリスク
付録
応用編プログラム


信用取引残高と証金残高について
マーケットスピードでの「信用取引情報」の見方
マイページを活用した画面設定の例
マーケットスピードを活用した取引手法の例






投資の専門家 「木下洋介」 おすすめ度
★★★★★



「お買い得」


信用銘柄と貸借銘柄の違い、信用取引の注意点など、図を使い親切に解説してくれる。


「信用銘柄は長く持っては駄目、金利がめちゃめちゃかかりますよね」
「株は長く持ってれば良いという物ではない。10年間下落しっぱなし」
これには、同意できない。投資家の視点から見て長く持てないような株など信用取引するべきではないと思う。これは10年間の下落相場で生き残った投資家としての意見である。

ただし投機家としての視点なら、全く異なる。講師の言う通りだろう。

「信用取引をするならば、最低一日3回は株価を見てください」
それほどチェックしなければならないという事は、ポジションが大きすぎるという事ではないだろうか?と疑問に思った。



鞘取りの話やテクニカルの話までついて来て、値段も安く非常にお買い得なDVDと言えるだろう。信用取引を学びたい人にはおすすめする。








情報投資ドットコム 有料コラム





講師 木下洋介
対象 初心者〜中級者向き
株式・先物投資家・不動産投資家
価格 30,000円

この中には私の10年間の投資で培われた投資手法と思考方法が凝縮されています。 
よくある精神論やなんとでも解釈できる抽象論でもありません、実際に投資して財産を築き上げた最もコアな部分です。繰り返して読むに値する文章です。値段は高いが安売りはしない。それ以上に価値はある。




ホーム > > > 株式レビュー > > > 現在のページ