ホーム > > > 株式レビュー > > > 現在のページ

投資情報を格付け「セミナーや有料サイトを本物の投資家が鑑定」-情報投資ドットコム
先物投資情報のレビュー 通貨投資情報のレビュー 不動産投資情報のレビュー 経済投資情報のレビュー 投資レポート
 

株式投資情報のレビュー




講師:REFIGHT氏

対象:中級者〜上級者向け

価格毎月420円
ファンダメンタル分析●●●●
テクニカル分析●●●●●
一部抜粋

HPにも書いてありますが、事業内容の善し悪しを決める最も適切な尺度は、単位資本あたりの利益額です(と定義する)。要は、たとえば、ある事業に参入障壁が大してなく、新規参入を容易に許せば、多数の業者がひしめき合い、業界の収益性(単位資本あたり利益)は低下します。

しかし、障壁が高ければ、そのようなことは起こりません。というか、自分が1000万円の資金を持っているとして、何か事業を始めたいとする。そしたら、投下資本に大して、何%稼げるかだけが大事で、他の指標はどーでもいいって考えに自然になると思うんですが。

売上利益率(売上高営業利益率等)は、有益な尺度には全くなりません。たとえば、あなたが1000万円の資金を持っていて、以下の二つの事業、どちらかを始めたいとする。どっちを起業しますか?

1.資本利益率5%(つまり50万円儲かる)かつ売上利益率20%2.資本利益率10%(つまり100万円儲かる)かつ売上利益率5%

誰だって、資本利益率10%の事業を始めたいとするでしょう。売上利益率なんてのはどーでもいい指標のはずです。

売上利益率が高い会社は、独自製品を売っているので、そういう会社は強みを持っているという意見が出てきそうですが、ドラッグストアや家具のように、薄利多売でも高い資本利益率と参入障壁を維持する事業はあります。結局、ケース
バイケースで一概に言えません。

とにかく、事業の善し悪しを決めるパラメータは、資本利益率で、他の指標は、基本的にどーでもいい。固定資産の比率がどうであろうが、悪徳商法やろうが、投資家の関心事は、自分が投下した資本に対して何%稼いだか(利子がついた
か)で、他に考えるべきことなんてないはずです。

ま、要は、株式投資でやろうとするのは、資本利益率が高い事業を行っていて(しかも、その状態が長続きしそうなで)、今後も、そういう事業に、稼いだ利益を再投資し続ける会社を安い値段で発見しようとすることです。

ただ、資本利益率の高さを支える要因は、場合によっては脆い場合もあります。たとえば、低コストのみに頼って、高い資本利益率を維持している会社の事業はあまりいいものと言えないかもしれません。

たとえば、服を中国で作ることで低コスト優位を実現し、高い資本利益率を上げている会社があったとする。しかし、他社が今度は、たとえば、スリランカで服を作り始めたら、低コスト優位など、すぐに吹き飛んでしまうでしょう。それに対して、たとえば、優位の源泉がスイッチングコスト(http://www.geocities.jp/refight/theory/business8.htm)
なら、その優位は長く続くでしょう。

ならば、他の条件が全て同じなら、優位の源泉がスイッチングコストの会社に投資したほうが賢いでしょう。事業分析とは、そういうふうにやっていくものだと思います。だから、たとえば、服屋よりも病院用具製造業に投資したほうが安全だということです。そういうことを知っていれば、不必要なリスクを回避できる。

投資の専門家 「木下洋介」 おすすめ度
★★★★★

「これからが楽しみ」


東大院卒業のエリートという、各処で有名なREFIGHT氏のメルマガである。バリュー投資家達は彼から多くの事を学ぶ事ができたはずである。良くも悪くも非常に頭が明晰なのは間違いない。

その優秀な頭脳を持つ彼がお金を貰って、コラムを書くメルマガを始めたのである。今まで無料で質の高い情報を提供してきた彼がである。この構造的な変化は極めてインパクトがある。

賢明な投資家は、彼の文章を読まざるえないだろう。

具体的な内容に関しては、ファンダメンタル(定性・定量)分析であり、非常に理論的な内容となっている。具体的な銘柄を知るよりも、投資手法や彼の思考ロジックを学んだり、良質の情報源(書籍・WEB)を知る際に有力な手助けとなるであろう。




バリュー投資家 「阿藤寛」 おすすめ度
★★★★★


「切れ味抜群」





国内バリュー投資サイトの老舗、REFIGHT投資研究所のサイトマスターREFIGHT氏による有料メルマガ。氏の飽くなき合理性、投資理念の素晴らしさは他の追随を許さないものがあります。

月一回発行のその内容は、氏のその月の売買、ポートフォリオ状況を惜しむことなく提供しています。さらに、読者からの質問や氏のアイデアのエッセンスの詰まった投資コラム、そして近況と濃い内容が目白押しです。

有料ということもあって、質問の受け答えにも手抜きがありません。

これから、海外投資(中国、香港、米国)を始めようと考えている方にも、今、氏の関心がそちらに向いているのでオススメできるかと。でもやはり、なんといっても、あの痛快なREFIGHT節を堪能するのに月々420円は安い!と個人的には思います。










情報投資ドットコム 有料コラム





講師 木下洋介
対象 初心者〜中級者向き
株式・先物投資家・不動産投資家
価格 30,000円

この中には私の10年間の投資で培われた投資手法と思考方法が凝縮されています。 
よくある精神論やなんとでも解釈できる抽象論でもありません、実際に投資して財産を築き上げた最もコアな部分です。繰り返して読むに値する文章です。値段は高いが安売りはしない。それ以上に価値はある。



ホーム > > > 株式レビュー > > > 現在のページ