ホーム > > > 情報投資 > > > 金融電卓講座

金融電卓講座




現在、有料コンテンツの販売は積極的に行っておりません。どうしてもという方のみお申し込み下さい。真に勝手ながらお振込みの確認やお返事は月初めに一回程度とさせて頂いております。



対象  初心者〜上級者向き
バリュー投資家 不動産投資家
HP 17B2(金融電卓) ユーザー
価格 3,000円


投資の本質は戦略論ですが、本講座「金融電卓講座」は戦術論にあたります。



公認会計士、銀行員
不動産業者、証券アナリスト
ファンドマネージャー、ファイナンシャルプランナー





日本ではこれらのプロ達ですら、ほとんど金融電卓を使用していません。極々限られた人達しか金融電卓を使っていません。

さらに多くの人達は金融電卓の存在すら知りません。限りなく存在が薄いと言えるでしょう。

しかし、投資先進国のアメリカでは・・・・・


NEVER GIVE MONEY TO ANYONE WHO CANNOT EFFECTIVELY USE A FINANCIAL CALCULATOR.

金融電卓を使うことが出来ない人には決してお金を預けないで下さい


という言葉があります。

MBA(Master of Business Administration)ホルダーや投資に携わる洗練された高度な知識を持つ職業の人々は持っていて当たり前の道具です。これを持っていないという事は、この業界の偽者というレッテルを貼られるのです。

これは何故でしょうか?その答えとして、役に立つと言う他ありません。さらに金融電卓を使いこなす事が一種のステータスになっている事も見過ごせません。





これはいわば金融業界のロレックスです。またMBAホルダーにとってはヒューレットパッカードの金融電卓を使える事はごく当然といえるでしょう。


では、いったい金融電卓でなにが出来るのでしょうか?

  • 現在価値の計算
  • IRRの計算
  • ローン計算
  • 債券価値の算出
  • 減価償却の計算

これらが金融電卓を代表する実用的な機能です。有料コラムの金融電卓講座ではこの主要な機能に絞って解説してきます。

債権価値の算出の方法やIRR、現在価値の算出を知る事は株式投資家にとって強力な力となる事でしょう。


また不動産投資家にとって、物件を閲覧中に現在価値を算出したり、ローン計算をその場で行ったりする事は相当なアドバンテージとなるはずです。

さらにこのような道具を使い、内部収益率を算出し金利計算をするあなたを見た不動産屋や銀行家は・・・・・・








また付録として不動産の専門指標を解説しています。恐らくはこれ以上分かりやすく解説した用語集は存在しないと言い切ってしまって良いというほど自信を持っています。


● NOI(Net Operating Income)の解説
● キャッシュフローの解説
● CCR (cash on cash return)の解説
● FCR (Free and Clear Return)の解説
● PB (Pay Back)の解説
● NPV(Net Present Value)の解説
● IRR(Internal Rate of Return)の解説
● DCR(Debt Coverage Ratio)の解説
● BER(break-even ratio)の解説
● LTV(Loan to value)の解説

これらの指標をすべて分かりやすく解説しています。通常ですとこれらの指標は極めて専門的であり、学者的な文章に頭を痛める事となります。それらを全て分かりやすく一般の方向けに咀嚼し解説しています。

このコラム一つで不動産の財務関係の専門用語が一発で分かります。作ってしまえばたいした事はない量なのですが、ここまでまとめ上げるまでに学者の文章と格闘し相当に頭を悩まし、膨大な時間を費やし、英語と格闘したあげくようやく掴んだ貴重な情報です。

つまり・・・・・・


こんな事を他にやる人がいるんでしょうか?


という内容です。読んでしまえば大したことがないと思うでしょう、しかしここに至るまでの情報の整理には相当な莫大なエネルギーをつぎ込んでいます。






個別の対応をすると細かな質問が集中する事が予測され、それで忙殺されてしまう恐れが強いため、金融電卓講座は基本的にフォローなしでお願いします。それをわかった上でご購入される方のみを対象と致します。

フォローなしという事をご理解頂けた方のみご購入下さい。ただし本講座でご紹介しております所に当方のミスがあったり、ご自信で調べられて努力したにも関わらずどうしても上手くいかない場合は善処させて頂きます。

どうかそれをご理解した上でご購入を検討して下さい。

又本講座を活用して頂く為には、ヒューレットパッカード社の 17bU+ が必要です。

こちらのショップで購入可能です。
またヤフーオークションでも購入できます。


当然ながら輸入品なのでマニュアルは英語です。有料コラムの金融電卓講座は英語が分からない方でもHPの金融電卓の必要な機能を使いこなせるように解説しています。


CASIO 関数金融電卓プロフェッショナル仕様 FC-200V でも金融電卓が使えます。HPとカシオのどちらを購入なさっても構いません。こちらに関してはCASIOの説明書を読んで頂く事になります。そして不動産の財務指標を覚えることにより、単なる無味無乾燥な説明に留まらず実用的に金融電卓をお使い頂く事ができるでしょう。




金融電卓講座





------------------------------------------------------
ただいま、お申し込みはメールでの受付のみとなっております。金融電卓講座のお買い求めは こちらへメール を下さい。ご記入頂くのは下記の通りです。


お客様のお名前

「金融電卓講座の購入希望」 

ご返信先のメールアドレス


以上の3点をご記入下さい。


------------------------------------------------------

銀行振り込み・郵便振込みに関しましては、後ほどメールにて振込先をお知らせ致します。








ホーム > > > 情報投資 > > > 金融電卓講座