ホーム > > > 情報投資

投資情報を格付け「セミナーや有料サイトを本物の投資家が鑑定」-情報投資ドットコム投資リンク集
株式投資情報のレビュー 先物投資情報のレビュー 通貨投資情報のレビュー 不動産投資情報のレビュー 経済投資情報のレビュー 投資レポート
 

情報投資「投資セミナー」
木下洋介の有料コラム





木下洋介の経歴

投資暦10年という最も古参のバリュー投資家の1人

19歳でバリュー投資を始める。信用取引を使わずバリュー投資を貫徹した10年間の株式投資純リターンは

2019%(21倍)

資産額9000万円
(株式7000万円、不動産2000万円)

コメント

合理的なアプローチであなたを金持ちにします

過去掲載された雑誌

2005年3月号(52P)2005年8月号(44p)


2005年11月号(38P)2006年3月号(50P)





一般の投資手法の解説と私の投資法の解説との違いを説明します。努力と才能を要求する一子相伝の職人的感覚説明ではなく、筋道を踏んだ(論理的思考に基き体系的な)知識をお伝えするという事です。





アメリカはなぜ世界の覇権国家になったのでしょうか?答えの一つとしてテイラーイズム(科学的管理法)があげられます。一つ一つの行動を徹底して観察して要点を抽出していけば複雑な行動でも即席で真似できるという事です。これにより未熟な労働者もあっという間に一人前の労働者として働く事ができたのです。

投資の世界も似たような物で、一見複雑に見える仕組みの中にも重要な要点は限られておりそれをきちんと把握すればほぼ全貌が見えるという事です。つまり貴方は投資の本質を掴むという事です。




なお、私の無料コラムを見て、価値を感じて頂けなければコラムを購入しても得る所はないでしょう。私は売るに値する情報を真剣に数多く無料で公開したつもりです。価値観が合わないのであれば、無理に情報を買わないほうがいいでしょう。何故なら、あなたはきっと損をした!と思うからです。




対象 初心者〜中級者向き
株式・先物投資家・不動産投資家
価格 30,000円

この中には私の10年間の投資で培われた投資手法と思考方法が凝縮されています。 
よくある精神論やなんとでも解釈できる抽象論でもありません、実際に投資して財産を築き上げた最もコアな部分です。繰り返して読むに値する文章です。値段は高いが安売りはしない。それ以上に価値はある。






金融電卓講座

対象  初心者〜上級者向き
バリュー投資家 不動産投資家
HP 17B2(金融電卓) ユーザー
価格 3,000円

投資の本質は戦略論ですが、本講座「金融電卓講座」は戦術論にあたります。

公認会計士、銀行員、不動産業者、証券アナリスト、ファンドマネージャー、ファイナンシャルプランナー。日本ではこれらのプロ達ですら、ほとんど金融電卓を使用していません。極々限られた人達しか金融電卓を使っていません。さらに多くの人達は金融電卓の存在すら知りません。限りなく存在が薄いと言えるでしょう。

しかし、投資先進国のアメリカでは・・・・・
 




名古屋個別銘柄研究会

対象 バリュー投資家 初心者〜上級者向き
価格 6,000円


「個別銘柄研究会」は参加者がファンダメンタルズ分析に基き選択された銘柄を各人が1銘柄ずつ持ち寄りそれを少人数のチームに分かれて分析・検討を行い、後に全体で発表といったものになります。

1チームに一台づつインターネット接続環境にあるパソコンが用意され同チームの方のインターネットの使い方も参考にできます。また親睦を深めつつ銘柄分析手法などお互い刺激しあえるかとも思います。
従来セミナーですと中級者以上の方はすでに既知のことが多く参加する意義が薄れる場合が多いのですが研究会形式ですと中・上級者でも十分楽しめつつかつスキルアップが計れます。
 
次回開催日はまだ未定です。



お客様専用メニュー
投資の本質ログイン特別投資コラムログイン





情報の取り扱い(木下洋介のコラム)より抜粋


結論をいきなり言う。情報を制する事が成功の秘訣であり、健全な合理的な態度で情報を手に入れれば富は約束されている。そして情報を軽視する者は、貧しさから抜け出す方法は幸運以外にありえない。それは何故か?
何も知らない者は、不当な程に罰を受ける世界だからである。

そして情報を握る者には公平とは思えないほどの恩恵が与えられる世界だからである。この事実は、当然の如く貴方にも適応される。

以下友人の投資家から貰ったメールを許可を頂いたので掲載する
そういえば、話が変わりますが、○○さんと華僑の話をしてて、その後華僑のことを偶然ある本で読みました。で、同じ内容を○○さんに送っているのですが、木下さんにも送りますね。(こういう情報は好きだと思うので)
情報に対して並々ならぬ意識を持っており、有益な情報提供者に徹底してお金を支払うそうですね。要するに、give and takeの関係を徹底させ、継続的に良質な情報を得る環境を整える努力をし、かつ情報の大切さを知り、情報を買うことを躊躇しないという姿勢なのでしょうね。

日本人みたいな情報に対する甘い姿勢ではないということです。








投資で勝つ為の原理原則は極めて単純です。このコラムには、私が10年かけて掴んだ情報が詰まっています。投資の本質を掴む事で、貴方の貴重な時間を節約し、投資パフォーマンスを大きくする為に情報に投資してみませんか?

10年後の将来の為に行動してみませんか?短期的視点を捨て去り、長期的視点に立つ事こそラットレースを抜け出す道です。





著作権・免責事項について
著作権について

「情報投資ドットコム」に掲載されている文字・画像等のコンテンツに関する著作権は、当サイト「情報投資ドットコム」に帰属します。著作権法の規定に基づく私的目的により利用する場合、「情報投資ドットコム」に事前に承諾を得た場合を除き、無断で転載、複製、改変、放送、公衆送信、販売、貸与などの利用をすることをお断りいたします。

免責事項
【ご注意!】 「情報投資ドットコム」は、当サイトで提供する情報(リンク先の情報等を含む)に関して、万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありませんユ
ーザの方による当サイトのご利用にあたっては、ユーザ自身の判断によるものといたします




情報に投資する情報投資ドットコム




ホーム > > > 情報投資